カテゴリ: コメディ

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは刈野ミカタさんの「君の足のためなら死ねる」です!
img_9784046808424_1
ストーリー A
内容は、天才サッカー少年・御名神行真は怪我により選手生命を絶たれてしまう。そんな彼が出会ったのは宇多結という天才的なリフティングを見せる少女だった。極度のコミュ障な彼女との出会いをきっかけに行真は結を含めた5人の女子中学生フットサルチームのコーチをすることに!果たして行真は彼女たちを勝利へと導けるのか…とこんな感じです!

〜ロリの足!〜
刈野ミカタさんの新作!個人的には「そうだな、確かに可愛いな」以来の作品ですね。ロリのおみあし!というフェチをこれでもか!と詰め込んだロリコンスポコンものでした!面白かったです!
まず序盤。行真が公園で結という天才的なリフティングをする少女と出会います。うーん…行真さん変態ですね…いきなり見ず知らずの少女の足にアタックするとは…ロリはお腹が最も輝く協会南関東支部副理事長の僕もこれにはドン引きです…とはいえロリコンといえばこの変態性ですからね…とそんなこんなの紆余曲折を経て行真は結を含めた5人の女子中学生フットサルチームのコーチをすることに!ロリの足が大好きな行真がコーチをするのはいろんな意味で危険ですが汗 女の子たちが強くなるために努力する姿はグッド!しかしいざ試合となると、各々が持つトップクラスの能力をうまく発揮できなかったり、チーム内で連携がうまくいかなかったりと壁にぶつかることに…そんな彼女たち1人1人に向き合って悩みを解決していく過程はすごく良かったですね!行真は変態ですが。終盤の試合ではそれぞれの課題、チームとしての課題を乗り越えた結たちが一致団結してスポ根ものらしく盛り上がりましたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
結はいいロリでしたね…人見知りでオドオドしている女の子に変態と言われるのはめっちゃいいです()。ちょっとお姉さん?なカスミ、高飛車なクロエ、関西弁のミチル、実はとんでもない能力を持つハルと結以外の4人も魅力的なロリでした!そして行真は変態です。

最後に
ロリ×スポ根ないいロリコンホイホイ作品でした!これはぜひ2巻も読みたいですね!ユイたちのロリっぷりをまだまだ味合わせて欲しいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ロリコンの方は!今不足しているロリ成分を急速チャージできます!結をはじめとした女の子はみんなかわいいですし、行真のロリコン変態っぷりもグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



君の足のためなら死ねる



著者



刈野ミカタ



レーベル



MF文庫J



ISBN



978-4-04-680842-4


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは七斗七さんの「VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた2」です!
img_9784040742946_1
前巻の記事↓ストーリー A
内容は、配信事故で一躍大人気Vtuberとなった心音淡雪。彼女にとって初めての後輩となる四期生がデビューすることに。しかし四期生はとんでもない奴らばかり!淡雪のことが異常に好きすぎる有素に淡雪をママといいオギャリマくる還、暴走変態乙女のエーライと強者ばかり。そんな四期生たちとコラボすることになる淡雪だが果たして配信はどうなってしまうのか…とこんな感じです!

〜四期生もデビューしてコラボ祭り!〜
シリーズ第2弾!PVが話題になったり横向きの表紙が話題になったりで1巻から人気になってましたね。2巻も面白かったんですけど、だいぶ食傷気味でちょっと油こかったです…
ストーリーの項目なんですけど、1巻に比べると配信シーンがほとんどでストーリーと呼べる要素が少ないのでちょっと紹介しづらいのですが…基本的には淡雪が配信をしてそれを配信コメントやコラボしている他のライブオンメンバーと絡んでコミカルに盛り上げる感じですね。ただどうしても似たような流れや似たようなパロコメが続くので食傷気味になっちゃいます…パロは吉野家コピペとかわかるものならいいんですけど、全くわからないパロネタで動画コメントが草生やしているのを見るのはなかなか辛いです…あとVtuber同士の絡み=性的というかセクハラ的な絡みが主になってしまってキャラクター性の前に外見(ガワ)で消費させられてしまう感がすごかったです…
最初の50pくらいは面白くて、もちろんそれ以降も変わらずに面白いんですけど、焼肉屋に行ってずっと同じタレでカルビを食べさられる感じでした。

キャラ B
なんかどうもセクハラ絡みばっかりが目立ってしまってキャラクターの魅力を感じることが1巻より激減しましたね…淡雪はお酒を飲んでいるときと飲んでいない時のギャップとかそういった部分に魅力があると思うのにそれが少なかったり、四期生も彼女たちの魅力を知る前にとりあえず淡雪にセクハラ!みたいに感じてしまって…絡み方がてぇてぇという感じではないのでそれもまたちょっと…という感じです…

最後に
面白かったですけど、今回でだいぶお腹いっぱいです…もういいかな…と思います…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた2



著者



七斗七



レーベル



富士見ファンタジア文庫



ISBN



978-4-04-074294-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは七斗七さんの「VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた」です!
img_9784040741116_1
ストーリー A
内容は、大手Vtuber事務所に所属する心音淡雪。清楚路線で活動していた彼女だが、配信を切り忘れたままストロングゼロを飲み始めてしまう⁉︎しかもそれが話題となり世界トレンド一位⁉︎炎上するかと思いきやストゼロで酔った姿が人気となり大人気に!一気にトップVtuberへの階段を駆け上がっていくが…とこんな感じです!

〜配信切り忘れたら一気に有名に⁉︎〜
TwitterやYouTubeで話題の新作!声優の佐倉綾音さんがCVを担当したPVはすでに80万近く再生されていてリアルVtuberの方々も話題にしてますね(なんだリアルVtuberって?)完全な逆路線でVtuberの配信を見ている、ノリを知っていることが割と前提にはなりますが面白かったです!
まず序盤。淡雪ちゃんが盛大にやらかします。配信を切り忘れたままストロングゼロを何本も開けて同期の配信を見てシコいと叫びあげく寝落ちするという…いやーなかなかのやらかしっぷりですね…しかしこれがなぜか?ばかうけして一気に人気Vtuberになります!序盤のテンポとノリはハマれば最高に面白いですね!そして酔った姿が人気となった淡雪はマネージャーの提案もあり、ストゼロ配信を続けることに!最初は微妙に乗り気ではなかった淡雪も吹っ切れて⁉︎酔って配信して切れ味の鋭いボケ?を連発し、同期にシコいやママになる発言、結婚発言を繰り返すという清楚(Vtuber概念)へと成長していきます。これぞVtuberといった感じの姿ですね…その後もVtuberらしいイベントと絡み、テンポの良いギャグは非常に面白いのですが…あまりにもVtuber知っている前提なのがちょっと気になりましたかね?僕はVtuberは初期の方はにじさんじを中心においかけていて、最近はホロの切りぬきなんかを見ているんですけど多分Vtuberの配信を見ていないとわからない用語やノリ流れが多すぎます…Vtuberものなのでそれでもいいのかもしれないですけど、解説もないですしね…とあまりにもVtuber知っている前提な内容にちょっと疑問もありましたがテンポの良いVtuberギャグものとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
淡雪ちゃんの清楚(Vtuber概念)っぷりが非常に良かったですね!ストゼロをあおり、同期をシコいといい、マシュマロ(作中ではカステラ)を鮮やかに切り…思う存分Vtuberしていましたね…めっちゃ笑わせてもらいました!その他のライブオンのVtuberたちも魅力的でした!

最後に
Vtuberのギャグものとして楽しく読ませていただきました!話題になっていますしあとがきにも2巻あるっぽいこと書かれているのぜ続刊ありますよね?面白かったので2巻も楽しみにしてます!

どんな人にオススメか?
Vtuberが好きな方は!というか作中のかなりの部分でVtuberを知っているのが前提ですね…とはいえ抜群のテンポの良さとVtuberの定番を生かしたギャグはすごく面白かったです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた



著者



七斗七



レーベル



富士見ファンタジア文庫



ISBN



978-4-04-074111-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは田口囁一さんの「ふたりエスケープ」です!
FullSizeRender


ストーリー A

漫画家の後輩はいつも締め切りに追われているダメダメ?な漫画家。そんな後輩といっしょにクラス顔がいいことだけが取り柄な先輩(無職)。2人は現実から逃避するためにありとあらゆる方法で今を忘れようとするが…
〜現実からエスケープ!〜
田口囁一さんの新作!「シアロア」が終わってしまってちょっと寂しかったんですけど、こちらもめっちゃ面白いですね!とにかく現実から逃避したい2人の行動が楽しい作品でした!

漫画家の後輩はいつも締め切りに追われていて、無職の先輩は後輩の家にいてひたすらダラダラするだけ…このふたりの姿があまりにも羨ましすぎますね(社畜)現実から逃避するためにスマホを自宅に郵送してネットのない生活をしてみたり、締め切りから逃げるために突発的に旅行してみたり、原稿料が入れば高い買い物してみたり…なんだこの場当たり的な現実逃避は…僕もしてぇです…後輩から誘えば先輩が、先輩が誘えば後輩がノリノリで応じてくれるのもめっちゃいいですよね…個人的に好きだったお話はふたりで終点までいくお話。何をするわけでもなく終点まで行って酒だけ飲んで帰宅するの、最高にどうしようもなくて最高ですね。先輩・後輩のコンビが最高な現実逃避ものでした!

キャラ A
後輩はいつも締め切りに追われている漫画家。逆になんでここまで締め切りに追われているんですかね…いや遊んでいるからなんでしょうけど…酔っぱらった時の突発的行動がめっちゃ好きですw 先輩は顔がいいことが取り柄?な無職。まぁ無職でも顔が良ければ人生正解ですからね…後輩を現実逃避に付き合わせたり時には普通に可愛かったりなんだかんだ後輩のいい相棒でしたね

最後に
後輩と先輩のやりとり、現実逃避方法が楽しい作品でした!まだまだ2人のやりとりは見ていていたいです!2巻待ってます!



どんな人にオススメか?


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ふたりエスケープ



著者



田口囁一



レーベル



百合姫コミックス



ISBN



978-4-7580-2182-1






どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは高樹凛さんの「反撃のアントワネット! 「パンがないなら、もう店を襲うしかないじゃない……っ! 」 「やめろ!」 1」です!
image

ストーリー A
内容は、エクスカリバー、賢者の石、偉人や魔獣といった世界中のアーティファクトが集まる街・魔法都市。そこで魔法機関員として働く雪城千早は蘇ったマリー・アントワネットと出会う。千早は彼女の臣下に任命され、現代に広まるマリー・アントワネットの汚名を返上しろと言われる。しかし千早は絶賛大ピンチ⁉︎寮の部屋が破壊されたことで住む場所なし⁉︎あてがわれたのは廃墟同然の旧寮⁉︎そして始まる超極貧生活⁉︎果たして千早はマリーの名誉を取り戻すことができるのか…とこんな感じです!

〜マリーアントワネットは貧乏です〜
高樹凛さんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね!ハイテンションドタバタコメディとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!
世界中の貴重のアイテムや偉人、魔獣が集まる魔法都市。そんな街で魔法機関員として働く千早はある日、現代に蘇ったマリー・アントワネットと出会う…マリーの登場シーンはかわいくて個人的にはめっちゃ好きでしたね!マリーは千早に運命を感じ彼を臣下にしようとしますが…千早の住む寮の部屋が爆発四散。旧寮という廃墟同然の寮に追い出されることに…こういう極貧生活へ!的な展開は鉄板ですけどやっぱり好きですね!そして始まる極貧生活!千早にマリー、そして同じく旧寮への強制引越しを余儀なくされたひかり、旧寮に住み着くゴーレムバカのクルル…四人の共同生活が始まります!はじめはカップ麺やもやしで腹を満たしていたものの、誰もお金を持っていないせいでどんどん貧乏に…ついには公園で鳩に餌をあげているおばちゃんに物乞いする始末…こ、これはひどい…マリー・アントワネットがしていい行いじゃないですよ…してるのは千早ですが…しかしここは魔法都市。アーティファクトを回収することで報酬がもらえます。それを狙って四人で街に繰り出しアーティファクト回収を始めます。しかし踏んだり蹴ったりでなかなかうまくいかず…アーティファクトを回収する際のドタバタコメディは読んでいてすごく楽しかったですね!終盤は魔法機関のエース部隊・アストラとの対決?ここでも笑わせてもらいましたw 最後までコメディたっぷりで楽しく読ませていただきました!

キャラ A
千早は最初は割とまともな薄幸系主人公でしたが…人間お腹が空くとここまで酷く醜くなれるんですね…マリーは現代に蘇ったあのマリー・アントワネット。美女というイメージが強いマリー・アントワネットがこうして少女の姿で登場するギャップがグッドですね!千早には横暴に振る舞うくせに時々見せるかわいい表情が最高でした!その他にも謎のかっこいいを目指すひかる、ゴーレムオタクのクルルと魅力的なキャラたちとのやりとりが楽しかったです!

最後に
ハイテンションで楽しいコメディでした!続刊もいけそうな感じなので続が出たらぜひ読んでみたいです!

どんな人にオススメか?
コメディ読みたい方は!コメディという作品の性質上、ある程度好みはわかれるとは思います。しかしかわいいマリーや、極貧ゆえに起こるアプ人ぐから生まれる笑いは読んでいてすごく楽しいです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



反撃のアントワネット! 「パンがないなら、もう店を襲うしかないじゃない……っ! 」 「やめろ!」 1



著者



高樹凛



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-912786-7


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ