カテゴリ: コメディ

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは両生類かえるさんの「海鳥東月の『でたらめ』な事情」です!

img_9784046809124_1
ストーリー B
内容は、あまりにも美しすぎるクラスメイトの奈良芳乃。そんな彼女が海鳥東月に鉛筆が盗まれたことを相談する。あまりにも奇妙な鉛筆泥棒に違和感を覚える奈良。そんな彼女の鉛筆を盗んでいたのは実は海鳥東月だった。彼女が鉛筆を盗んだ衝撃の事実が明かさられると共に、東月の前にでたらめちゃんというネコミミパーカーの女の子が現れる。彼女は嘘から具現化した存在で嘘を食べることで生きているという…彼女に協力することになった東月は嘘に関する奇妙な事件に巻き込まれることに…とこんな感じです。

〜かわいい嘘〜
第17回MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞受賞作!発売前からTwitterでかわいい宣伝に注目していましたが…あまりにも西尾維新フォロワーすぎて面白い以前に開幕10pで食傷気味でした。ごめんなさい。僕には合わなかったです。
まず序盤。鉛筆泥棒に関する会話が東月と芳乃の間で延々に繰り返されます。確かに言葉選びは面白いですし、会話も楽しい。でもぶっちゃけあまりにも西尾維新フォロワーで…正直これなら西尾維新さんの作品を読めばいいよねって感じです…物語にしてもキャラにしてもそうで、この作品この作者さんの存在ってどこにあるんだろう…と読んでいてひたすら迷子でした…ただつまらないわけではなくて、文章も読みやすいですし会話も楽しい。ストーリーもきっと悪くない。だからこそ徹底して西尾維新フォロワーなのが余計に気になりました。西尾維新風ならいいですけど、完全に西尾維新味ですからね…個人的はそこがひたすら微妙で楽しめなかったです。

キャラ B
西尾維新さんが自作のキャラをMF文庫Jナイズしたらこんな感じっていうことを登場人物是認が喋ります。もちろん見ていて面白いですが、そうじゃないなー感がひたすら続いていました。

最後に
個人的にはつまらなくはないのですが、西尾維新味の作品でひたすら微妙でした。続刊は出ても買いません。

どんな人にオススメか?
西尾維新フォロワー作品が好きな方は買えばいいのなかと…個人的にはあまりオススメはできません。気になる方は試読のうえで。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

海鳥東月の『でたらめ』な事情



著者

両生類かえる



レーベル

MF文庫J

ISBN

978-4-04-680912-4
表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは昏式龍也さんの「ここでは猫の言葉で話せ」です!

img_9784094530407_1
ストーリー A
内容は、ロシアからやってきた小柄な転校生の少女・アーニャことアンナ・グラツカヤ。彼女には二つの秘密があった。一つがロシアの犯罪組織に所属し活躍した殺戮マシーンであること、もう一つは組織の裏切り防止のために投与されたウイルスのせいで猫をもふもふしなければ死んでしまうということ。猫好きな同級生の小花、謎多き大人の女性の明良、協力者の旭姫に囲まれて平和で奇妙なミッションが始まる!とこんな感じです!

〜少女には猫といなければならない秘密がある〜
昏式龍也さんの新作!前作「双血の墓碑銘」は1巻は読みました…すみません…2、3巻は積んでます…前作が血生臭い感じだったのでタイトルとあらすじを見た時は「えっ⁉︎」と思いましたが、表紙が公開され、そして読んでみて納得。日常系ガルコメの裏にある不穏さが最高にスパイシーな作品でした!面白かったです!
まず序盤。ロシアから小柄な女の子アーニャが転校してくるところから物語は始まります。そんなアーニャと仲良くなる小花ですが彼女には秘密が…ほのぼのとした始まりから徐々に語られていくアーニャの過去はめちゃくちゃ面白かったですね!殺し屋としてロシアのとある組織に所属し何人もの人間を始末してきた過去、そして組織から逃げ日本にやってきた経緯…アーニャの壮絶な人生とユキとのお話も含めて魅力的でしたね…しかしそんな彼女の日本での日常は平穏で賑やかなもの。殺人ウイルスから身を守ために定期的に猫をもふもふしなければいけないこと以外は普通の女子高生の日常で、猫好きの小花や、謎多き美女の明良、日本でのアーニャの協力者であり義妹という設定の女子小学生旭姫。かわいくて賑やかな女の子たちに囲まれて血生臭い世界とは別の温かな世界でアーニャは生きていきます!苦手だった猫にも少しずつ慣れていくアーニャの姿は微笑ましかったですね!終盤はちょっとしたピンチもありつつもアーニャの力で乗り切って猫や小花たちがいる日常に戻っていく感じがグッド!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
アーニャはめちゃくちゃ可愛かったですね!元ロシアの殺し屋でかつては感情を半ば失っていた少女。しかし日本で小花たちと触れ合ううちに…猫に接する態度も見ていて微笑ましかったです!猫好きな同級生の小花、謎多き大人の女性・明良、アーニャの日本での協力者でお料理上手な旭姫とアーニャ以外のキャラも魅力的でした!

最後に
めっちゃ面白い日常系+ちょっと非日常な猫猫ガールズラブコメでした!これはぜひ2巻も読みたいですね!続刊楽しみにしてます!

どんな人にオススメか?
猫が好きな方、百合が好きな方は!途中結構血生臭いお話もありますが、アーニャの日本での平和な日常との対比がめっちゃいい!小花をはじめとした女性キャラも全員魅力的です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル

ここでは猫の言葉で話せ



著者

昏式龍也



レーベル

ガガガ文庫

ISBN

978-4-09-453040-7
表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは平坂読さんの「変人のサラダボウル」です!
img_9784094530384_1
ストーリー A
内容は、岐阜県岐阜市で細々と探偵事務所を営む貧乏探偵の鏑矢惣助。そんな彼が尾行中に出会ったのは異世界からやってきたという皇女サラだった。なぜか言葉が通じる彼女をそのままにしておくわけにもいかず、なし崩し的に同居生活を始める惣助。サラはあっという間に現代日本の生活に馴染んでいき、惣介の探偵業を手伝うことに。サラを追ってきた護衛のリヴィアも加わり惣介の日常は賑わうようになる…かと思いきやリヴィアは探偵業に馴染めずホームレスに。果たしてサラたちは現代日本でどんな生活を送っていくのか…とこんな感じです!

〜岐阜を舞台に探偵と異世界皇女が大活躍⁉︎〜
平坂読さんの新作!妹さえのコンビで新作!さらにカントクさんの表紙のイラストがめっちゃ良かったのですごく楽しみにしてました!惣助、サラをはじめ魅力的な登場人物たちが織りなす日常コメディとして楽しく読ませていただきました!すごく面白かったです!
まず序盤。尾行中に異世界からやってきたサラと出会います。序盤は丁寧かつ無駄のない展開で物語にすっと入っていけましたね!サラとのファーストコンタクトもグッド!日本語が通じるけど異世界から来たサラをそのままにしておけない惣助は彼女と同居生活を始めることに。すぐに現代日本の文化にも馴染んで惣助の探偵業を手伝えるようになるあたり順応性が高いですね…そしてここからが本格的なスタート!惣助のサラがいる日常が始まります!浮気調査を手伝ってもらったり、時には飛騨牛を一緒に食べたり…何気ない日常にサラという非日常さがめっちゃ面白いですね…惣助とサラのやりとりは見ていて本当に飽きないですし最高の一言!途中サラを追ってきた護衛のリディアについても描かれますが、彼女の物語もまた魅力的ですね…最初はサラが見つからずにホームレス生活を余儀なくされて、サラと出会ってホームレス生活から脱却できたと思ったら諸事情あった再びホームレス、さらには事件に巻き込まれることに…リディアさん楽しそうな人生送ってますね…ラストはおっ!と思うような展開もあり最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
惣助は貧乏探偵のアラサー。意外と人情に厚かったり、サラのことはきちんと責任を持って面倒見たりといい大人でしたね。サラはかわいい異世界の皇女!現代日本に対する脅威の順応性は見ていて楽しかったですね…どこか大人っぽいのに年相応の女の子らしさも見せる。惣助とのやりとりも含めて魅力的な女の子でした。リディアはなんか色々不遇というか薄幸なのに楽しそうに生きている女性でしたね…幸せになってほしいです…

最後に
めっちゃ面白い非日常系コメディでした!これはぜひ長く続いて欲しいですね!惣助とサラのやりとりは見ていて楽しいですし、裏主人公?なリディアさんも魅力たっぷり!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
現代日本を舞台にした非日常系のコメディを読みたい方は!惣助とサラのやりとりは天才的に面白いですし、逞しく生きるリディアさんもグッド!気になったかたは!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



変人のサラダボウル



著者



平坂読



レーベル



ガガガ文庫



ISBN



978-4-09-453038-4


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは刈野ミカタさんの「君の足のためなら死ねる」です!
img_9784046808424_1
ストーリー A
内容は、天才サッカー少年・御名神行真は怪我により選手生命を絶たれてしまう。そんな彼が出会ったのは宇多結という天才的なリフティングを見せる少女だった。極度のコミュ障な彼女との出会いをきっかけに行真は結を含めた5人の女子中学生フットサルチームのコーチをすることに!果たして行真は彼女たちを勝利へと導けるのか…とこんな感じです!

〜ロリの足!〜
刈野ミカタさんの新作!個人的には「そうだな、確かに可愛いな」以来の作品ですね。ロリのおみあし!というフェチをこれでもか!と詰め込んだロリコンスポコンものでした!面白かったです!
まず序盤。行真が公園で結という天才的なリフティングをする少女と出会います。うーん…行真さん変態ですね…いきなり見ず知らずの少女の足にアタックするとは…ロリはお腹が最も輝く協会南関東支部副理事長の僕もこれにはドン引きです…とはいえロリコンといえばこの変態性ですからね…とそんなこんなの紆余曲折を経て行真は結を含めた5人の女子中学生フットサルチームのコーチをすることに!ロリの足が大好きな行真がコーチをするのはいろんな意味で危険ですが汗 女の子たちが強くなるために努力する姿はグッド!しかしいざ試合となると、各々が持つトップクラスの能力をうまく発揮できなかったり、チーム内で連携がうまくいかなかったりと壁にぶつかることに…そんな彼女たち1人1人に向き合って悩みを解決していく過程はすごく良かったですね!行真は変態ですが。終盤の試合ではそれぞれの課題、チームとしての課題を乗り越えた結たちが一致団結してスポ根ものらしく盛り上がりましたね!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
結はいいロリでしたね…人見知りでオドオドしている女の子に変態と言われるのはめっちゃいいです()。ちょっとお姉さん?なカスミ、高飛車なクロエ、関西弁のミチル、実はとんでもない能力を持つハルと結以外の4人も魅力的なロリでした!そして行真は変態です。

最後に
ロリ×スポ根ないいロリコンホイホイ作品でした!これはぜひ2巻も読みたいですね!ユイたちのロリっぷりをまだまだ味合わせて欲しいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
ロリコンの方は!今不足しているロリ成分を急速チャージできます!結をはじめとした女の子はみんなかわいいですし、行真のロリコン変態っぷりもグッド!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



君の足のためなら死ねる



著者



刈野ミカタ



レーベル



MF文庫J



ISBN



978-4-04-680842-4


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは七斗七さんの「VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた2」です!
img_9784040742946_1
前巻の記事↓ストーリー A
内容は、配信事故で一躍大人気Vtuberとなった心音淡雪。彼女にとって初めての後輩となる四期生がデビューすることに。しかし四期生はとんでもない奴らばかり!淡雪のことが異常に好きすぎる有素に淡雪をママといいオギャリマくる還、暴走変態乙女のエーライと強者ばかり。そんな四期生たちとコラボすることになる淡雪だが果たして配信はどうなってしまうのか…とこんな感じです!

〜四期生もデビューしてコラボ祭り!〜
シリーズ第2弾!PVが話題になったり横向きの表紙が話題になったりで1巻から人気になってましたね。2巻も面白かったんですけど、だいぶ食傷気味でちょっと油こかったです…
ストーリーの項目なんですけど、1巻に比べると配信シーンがほとんどでストーリーと呼べる要素が少ないのでちょっと紹介しづらいのですが…基本的には淡雪が配信をしてそれを配信コメントやコラボしている他のライブオンメンバーと絡んでコミカルに盛り上げる感じですね。ただどうしても似たような流れや似たようなパロコメが続くので食傷気味になっちゃいます…パロは吉野家コピペとかわかるものならいいんですけど、全くわからないパロネタで動画コメントが草生やしているのを見るのはなかなか辛いです…あとVtuber同士の絡み=性的というかセクハラ的な絡みが主になってしまってキャラクター性の前に外見(ガワ)で消費させられてしまう感がすごかったです…
最初の50pくらいは面白くて、もちろんそれ以降も変わらずに面白いんですけど、焼肉屋に行ってずっと同じタレでカルビを食べさられる感じでした。

キャラ B
なんかどうもセクハラ絡みばっかりが目立ってしまってキャラクターの魅力を感じることが1巻より激減しましたね…淡雪はお酒を飲んでいるときと飲んでいない時のギャップとかそういった部分に魅力があると思うのにそれが少なかったり、四期生も彼女たちの魅力を知る前にとりあえず淡雪にセクハラ!みたいに感じてしまって…絡み方がてぇてぇという感じではないのでそれもまたちょっと…という感じです…

最後に
面白かったですけど、今回でだいぶお腹いっぱいです…もういいかな…と思います…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた2



著者



七斗七



レーベル



富士見ファンタジア文庫



ISBN



978-4-04-074294-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より

↑このページのトップヘ