カテゴリ: コメディ

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは川岸殴魚さんの「編集長殺し5」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー  A
内容は、ついに編集長の態度が軟化⁉︎浜山さんのミスで刊行延期になってもお咎めなし⁉︎さらには川田たちにもめちゃくちゃ優しい⁉︎そして漂い始める噂…それは編集長がラーメン屋にジョブチェンジを図るというものだった…最大の敵である役員の視察!大波乱の新人賞一次選考!そして奴が帰ってくる…とこんな感じです!
シリーズ第5弾!そして完結!マジでこのご時世にコメディ作品を5巻まで続けてくれるありがたさですよ…ありがとうガガガ文庫…もう幼女編集長が見られないのは少し寂しいですがこの作品のラストにふさわしい素晴らしい最終巻でした!面白かったです!
なんだかいつもと様子が異なる編集長。なんと転職の噂が…てかインディードのCM口ずさんでたら僕の会社なら首ですよ(^_^;)嘘です(^_^;)しかし理由がわかるといつもどおり。やっぱり編集長は編集長ですねw そして新人賞の下読みが始まる編集部。といっても大変そうなのは小山内さんだけですけどねw いやでも一次選考から編集さんが原稿読んでるのはすごいですね。普通なら下読みさんに全部投げているのでは?個人的にはイラストレーターさんを選ぶ話が1番面白かったですね!いつもどおり笑えるところもあり、なるほどこうやってイラストレーターさんを選んでいるのかと思うと編集さんは文章を見る力だけではなくイラストを見る力も必要だと感じさせられました。ラストは因縁?のあいつがきてからの壮大なハッピーエンド?からのまさかの…この作品らしい終わり方でくすりと笑えますが…やっぱりちょっと寂しいですね…今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ  A
編集長…なんだかんだでこの女の子がみんな好きだったんですよね…川田も立派な編集になってあれだけ暴れていた小山内さんも若干まともになって…これまで出てきた編集さんや作家さんもコメディなので面白いところは多いですけど、真ん中のところはみんな夢に向かって真剣で熱かったんだなと感じました…

今後の期待度 評価不能…
今回で完結なので…お疲れ様でした!また面白い作品をガガガ文庫からガンガン出してください!待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_4061

ISBN 978-4-09-451787-3

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて今回紹介するのはお魚1号さんの「ちょっぴりエッチで変態なお姫様は好きですか?」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、圧倒的なチート能力を持って異世界に転生した新魔王。彼はレ◯プされる寸前の女の子の顔が好きという変な性癖を持っていた。そんな彼は美少女たちを囲い鬼畜ハーレム城を作るために下僕にした魔族の姫であるダーキルに美少女を集めさせることに。だが集められるのは変な女の子たちばっかり⁉︎それどころかダーキルがレ◯プされたいと連呼しオムツに漏らす超がつくほどの変態で…ダーキルと一癖も二癖もある女の子たちとの異世界ライフが始まる!とこんな感じです!
ジャンルはコメディ。完璧に下ネタ全振りですね。
第5回オーバーラップ文庫大賞の特別賞受賞作!まず言わせてください…めっちゃ笑いましたw いやー、こういうの好きですよねw なんかここまで下ネタに全振りすると逆に清々しいくらいですねw ゲラゲラ笑いましたw 面白かったですw
まず冒頭。あーこういう感じのエロコメか…と思ったら「聖女タイム」でまずツボりましたw いやお前魔族の姫で聖女じゃねーしそういう時間も訪れないだろていうか暇を持て余したからと言って体のあちこち触って開発するなよwと一気に何個ものツッコミがw とプロローグで笑わせてもらったあとに始まる転生したきた少年の呼称決め。なんすかこの「羅王」「魔羅王」「覇王」「悪覇王(おはおう)」「孤王」「朕孤王」「新魔王」の流れはw 下ネタ全振りのくせにやたらテンポよくてクッソ笑えるんですがw しかも「悪覇王」が「おはよう」に似てるからって「おはおーございます」とか謎のあいさつ生み出すセンスですよw 新魔王とダーキルの軽快なやりとりがあますところなくクッソ面白くて本当に好きですw そして始まる鬼畜ハーレム城作り!でもダーキルが集めてくる女の子は一癖も二癖もある女の子ばっかり。オークの姫に常時レ◯プ目の女の子、ゾンビの少女に毒舌生徒会長に善悪を見分けられる巨乳シスター、そして男の娘の勇者。彼らとのやりとりのなんだかんだで魔王要素ゼロで主夫業に励む新魔王と頭がエロで溢れかえったダーキルのやりとりは終始楽しかったですね!途中で普段は見せないような表情をするダーキルのエピソード挟んだりするのも良かったですし、とにかく最後までめっちゃ笑って楽しい作品でした!下ネタだらけですけどw 面白かったです!

キャラ A
ダーキルさんさては真性の変態ですね?常時エロいことを想像して、朝は必ずおねしょして、それを見かねた新魔王がオムツを与えるとどこでもお漏らしするようになって…そしてセリフには半分以上の割合でレ◯プという言葉が含まれる…こいつはやべー奴です…新魔王はなんか色々言ってますけど基本どーてーなので反応が面白いですよねw ダーキルのボケに的確につっこみ入れるのは面白かったです!他にも魅力的な女の子が出てきますが、個人的なお気に入りは毒舌のゼッカちゃん。この子最初の印象と作中の印象が全然違うんですよね…それが良い方に作用しているうえ、要所要所でいい働きするのもグッドでした!

今後の期待度 A
面白かったので2巻もぜひ読みたいです!今回はダーキルが無双でしたけど、他の女の子にもスポットをもっと当てて欲しいですね!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
くだらない下ネタ全振りのコメディが読みたい方は!ここまで下ネタしいコメディも珍しいのでは?ってくらい下ネタしてますw ただ個人的にはツボだったんですけど、一ページに一回はレ◯プって出てくるどころか多い時だと一ページに10回はレ◯プとか出てくる&本当にくだらない感じの下ネタなので嫌いな人はとことん嫌いかなと…でもそのくどさをうまく中和するエピソードなんかもあるので気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_3469

ISBN 978-4-86554-438-1

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは川岸殴魚さんの「編集長殺し4」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、なかなか企画が通らないマスタニさんという作家さんの担当をすることになった川田。しかしマスタニさんは想像を超える面倒な作家で…果たして幼女編集長を納得させる企画は通るのか…そしてラノベのカバーデザインを新人デザイナーさんと決めることに。しかしラノベにオシャレなデザインは不要と言われて…
シリーズ第4弾!今回もいい感じの闇とゆるさがあるコメディでした!面白かったです!
まず何より評価したいのはバーチャルキャストの扱い!さすが川岸殴魚さん!Vtuberをよくわかっていらっしゃる!そうなんです!Vtuberって外身と中身の合計で見られがちなんですけど、はじめはこうして外身をどうとか一人で何時間もやっちゃうようやものなんです!しかもうちの子っていう発言!そう!わかっていらっしゃる!バーチャルキャストで作ったアバターは単なる外身じゃないんです!子どもなんです!お前がママになるんです!わかっていらっしゃる!わかっていらっしゃる!
閑話休題。さて、今回一つの軸となるのはマスタニさん。たしかにこういう作家さんいますよね…◯◯◯さんとかもこういう状態なのかと思うと売れなくてもいいからどういう状態かだけは教えてほしいってなりますよね…特にTwitterとかやってないと…さてさて、企画が通らなければ自然とフェードアウトしていくラノベ業界の中で編集長のお墨付きということで長く猶予が与えられているマスタニさん。ミステリが書きたいがラノベの流行であるラブコメには寄せられない…その葛藤の中で川田を企画を練っていく姿を見て僕はどっちを応援したら…オシャレデザインの件はたしかにって感じしますね。ラノベの表紙はオシャレさじゃなくて単純なかわいさかかっこよさがほしいです。なので今回の表紙はちょっと(^_^;)今回も終始賑やかなギギギ文庫の編集部を楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
川田は着実に編集として成長していますね…なんかこう一巻の時に比べて頼もしさが増しました。編集長にも割と堂々と逆らってますし…岩佐さんはマジで肝臓に気をつけて…個人的にお気に入りだったのは新人デザイナーの海老沢さん。なんか唯一まともそうだった人なのでレギュラーになって適度に空気の入れ替えしてほしいですw

今後の期待度 A
4巻も面白かったです!次は小山内さんがいよいよなにかやりそうですね?いや毎回やらかしてはいますけどw 5巻も楽しみにしてます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_3416

ISBN 978-4-09-451769-6

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのはスズモトコウさんの「陽子さん、すがりよる」です!
FullSizeRender

ストーリー A
強面で赤髪でがたいがいい森岡くんはその目立つ姿からなかなか友達ができないでいた。そんなある日、授業でペアを組むことになる。森岡くんは隅っこで震える橘陽子に声をかけるが、ぼっちな彼女は森岡くんに依存しまくることに…
マガジンポケットで連載中の作品!こちらは1話から追っていてずっと好きだったのでコミックスが出るということで早速買わせていただきました!書き下ろしもあってマガポケで読んでいても楽しめますね!面白かったです!
もうとにかく陽子さんがうざかわいいです!「えっ…おまえぼっちなのにそんなこと言っちゃう?」みたいなことを平気で言う陽子さん。これはただのコミュ障ぼっちではなくて性格にも問題があるのでは?いやかわいいんですけどね。日常系テイストで陽子さんが森岡くんにからんでそれを振り払ってまた絡むみたいなことが続くんですけど、会話のテンポが良くてサクサク進むのがいいですよね!日向さんというちっちゃくて真面目でドSな女の子、バスケ部のネチネチ担当件ドジ担当・那智さんという2人の女の子もストーリーを盛り上げます!可愛くて愛すべきバカな4人の日常を楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
陽子さんがとにかく可愛いです!なんでこんなにウザいのにかわいいんですかね?ほっとけない魅力と陰の者を惹き付ける魅力がありました!森岡くんはなんだかんだでいい奴なんですよね…陽子さんには当たり強いですけどね…個人的なお気に入りは日向さん。小さくてパワフルでドS。最高かよ。もっと陽子さんイジめてください。那智さんもネチネチドジドジでなんか見ていて微笑ましかったです!

A
みんな可愛くて表情がいきいきしていました!

総合 A
ウザかわいい陽子さんを堪能できる作品でした!陽子さんたちの日常は愛すべきバカたちの日々という感じですごく良かったです!2巻も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのはKoiさんの「ご注文はうさぎですか?7」です!
FullSizeRender

ストーリー A
年が明けついに高校受験が近づいてきたチマメ隊。3人は奮闘するが本番でミスをしてしまう⁉︎さらに高校を卒業するリゼの学校で新年パーティが開催!シャロはおめかしをしてリゼ先輩の元へ向かう…
シリーズ第7巻!アニメ3期に新作OVAが決まりきららファンタジアにも参戦とここにきてますます盛り上がっていますね!今回も面白かったです!
まずなんといってもチマメ隊が中学卒業ですよ…じ、時間が流れるのが早いです…ぼ、僕が大学一年生の頃に読み始めた時は確か3巻くらいまで出ていてその時は…か、考えるのはやめましょう。さて肝心のストーリーは新年から受験が終わって旅行へ!というもの。チマメ隊やリゼが最後の思い出を作ったり、変わらない日常がなんかどうしようもなく尊くみえましたね…シャロちゃん大好きマンの僕としてはリゼ先輩のためにおめかしをして新年パーティに出かけるシャロちゃんが尊みの極みで尊みゲージが限界を4回超えました…やっぱりシャロちゃん可愛いですね…メインでもあるチマメ隊の3人もなんとなく大人っぽくなったり(動物パーカー着て踊ったりするのは相変わらずですがw)みんな成長しているんだなと…今回もみんなかわいくて最強の女の子たちでした!面白かったです!

キャラ A
シャロちゃん本当に可愛くないですか?リゼ先輩のためにあんなに頑張って…ボタンもゲットできてよかったですね…チマメ隊の3人も本当にがんばりました!いや別にガチで勉強しているシーンがあって努力が報われたねとかそういう感じではないんですけど、ここあたちの支えやサポートがあってその結果がこれなら最高ですよ!

総合 A
今回も面白かったです!次はまた1年後なんですかね…OVAや3期が始まるのもまだ先でしょうし同時発売も先だと思いますし…とはいえキャラソンなどでごちうさの世界は広がっていますし、これからも楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↑このページのトップヘ