カテゴリ: コメディ

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのはKoiさんの「ご注文はうさぎですか?7」です!
FullSizeRender

ストーリー A
年が明けついに高校受験が近づいてきたチマメ隊。3人は奮闘するが本番でミスをしてしまう⁉︎さらに高校を卒業するリゼの学校で新年パーティが開催!シャロはおめかしをしてリゼ先輩の元へ向かう…
シリーズ第7巻!アニメ3期に新作OVAが決まりきららファンタジアにも参戦とここにきてますます盛り上がっていますね!今回も面白かったです!
まずなんといってもチマメ隊が中学卒業ですよ…じ、時間が流れるのが早いです…ぼ、僕が大学一年生の頃に読み始めた時は確か3巻くらいまで出ていてその時は…か、考えるのはやめましょう。さて肝心のストーリーは新年から受験が終わって旅行へ!というもの。チマメ隊やリゼが最後の思い出を作ったり、変わらない日常がなんかどうしようもなく尊くみえましたね…シャロちゃん大好きマンの僕としてはリゼ先輩のためにおめかしをして新年パーティに出かけるシャロちゃんが尊みの極みで尊みゲージが限界を4回超えました…やっぱりシャロちゃん可愛いですね…メインでもあるチマメ隊の3人もなんとなく大人っぽくなったり(動物パーカー着て踊ったりするのは相変わらずですがw)みんな成長しているんだなと…今回もみんなかわいくて最強の女の子たちでした!面白かったです!

キャラ A
シャロちゃん本当に可愛くないですか?リゼ先輩のためにあんなに頑張って…ボタンもゲットできてよかったですね…チマメ隊の3人も本当にがんばりました!いや別にガチで勉強しているシーンがあって努力が報われたねとかそういう感じではないんですけど、ここあたちの支えやサポートがあってその結果がこれなら最高ですよ!

総合 A
今回も面白かったです!次はまた1年後なんですかね…OVAや3期が始まるのもまだ先でしょうし同時発売も先だと思いますし…とはいえキャラソンなどでごちうさの世界は広がっていますし、これからも楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのはハマカズシさんの「黒川さんに悪役は似合わない」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、神久山高校では生徒会長候補2人による熾烈な支持率争いが勃発していた。そんな候補者の1人黒川さんは校則をガチガチにして自由な雰囲気漂うこの学校を変えようとしていた。そんな黒川さんに目をつけられてしまった蝶野倫太郎は彼女の手助けをすることになる。だが、黒川さんが要求してきたのは倫太郎に校則を破らせ自分がそれを注意し更生させることで支持率をあげるというマッチポンプだった?真面目な倫太郎は精一杯校則を破る生徒に変身しようとするが…とこんな感じです!
ジャンルはコメディ。ラブコメと帯にありますけど、今のところラブコメ要素は薄めですね。
ハマカズシさんのデビュー2作目。前作は未読でしたがそちらもコメディ要素強めなんですかね?
まず言わせてください…この作品めっちゃ面白いです!いいですね!こういう真っ直ぐなコメディ!読者を全力で楽しませようとする作者の心意気が伝わってきました!
まずなんと言っても個人的に好印象だったのは安易なパロがないこと!コメディにパロはかなり危険な要素だと思っているんですけどそれがほぼないのはすごく良かったです!笑わせるために安易にパロ入れて激寒。なんて場面がないだけでコメディ作品としては最高でした!続いてキャラの役割がはっきりしていてそれが面白さ・作品の楽しさにがっちりハマっていたのが最高でした!とにかく登場人物たちがブレないんですよ!倫太郎は真面目なのに悪役やる羽目になって、空回りしたり根は真面目だからこそ生まれるズレが面白かったり、黒川さんはどこまでも選挙のために倫太郎を利用することしか考えていなくて、幼馴染の葉月は元気いっぱいで校則を破りまくる倫太郎に元に戻ってほしくて、白鷺さんはセクシーと自由を売りに黒川さんに対抗して、赤峰さんは真面目をやめた倫太郎に惹かれて…とそれぞれに明確な役割があって、それぞれの歯車がぎっちり噛み合うからこそ生まれる「楽しさ」がすごく読み心地が良かったです!あと下ネタの加減も素晴らしかったですね。こうやりすぎない感じで笑いはきちんと産むというのが印象的でした!ストーリーはマッチポンプで選挙の支持率を上げようとする黒川さんと倫太郎のやりとりを中心に進んでいきます!2人のやりとりはもう絶対に裏切らないというか安心の面白さがありましたね!真面目ゆえに校則を破ることに悩む倫太郎と、校則強化という生徒の望む方向と逆にいきながらも倫太郎という兵器を使って支持率を上げる黒川さん。その他にも白鷺さん、葉月、赤峰を始め真壁先生や田口先生といったキャラを含めたやりとりはテンポが良くてすごく楽しかったです!ラストの展開も好きでしたし、個人的には大満足な一冊でした!すごく面白かったです!

キャラ A
倫太郎がすごくいいキャラしてました!すごくエロいから真面目になっていたのにおっぱいの所為で黒川さんのために校則を破ることになり罪悪感を抱く…この矛盾から生まれる魅力が最高でした!黒川さんも良かったですね!倫太郎に悪役をやれと言っておきながら全部丸投げして偉そうな上司みたいなこと言って、エロには初心な反応するくせに貧乳にはブチキレて…倫太郎とのやりとりは本当に見ていて楽しかったです!セクシーな手で支持率を高める白鷺さん、倫太郎の幼馴染の葉月、校則を破る倫太郎のことが気になる赤峰さんを始め他にも魅力的で楽しいキャラばかりでした!

今後の期待度 A
ここで終わっても違和感はないですけど、まだまだ続けられそうなので2巻もぜひ読みたいです!これからはラブ方面も強くなりそうでそちらも楽しみですね!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
とにかく読み心地のいいコメディを読みたい方は!サクサク読めてとにかく作者さんが読者に楽しんでもらおう!という気持ちが伝わってくる作品です!ただコメディという作品の性質上、どうしても好みはわかれると思うので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください
IMG_2901

ISBN 978-4-09-451756-9

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは「万代かなめは遊びたい」です!
FullSizeRender

ストーリー A
静かに勉強がしたいという理由で部員のいない文化研究会に入った高良太陽。だが、学年1位の頭脳を持ちながらもポンコツな巨乳美少女の万代かなめが入部したことで平穏は奪われてしまう…部室にある色々なおもちゃに興味を示すかなめに振り回せて勉強ができない!しかもかなめはどのおもちゃでも上手く遊べなくて…
Twitterで見かけて気になったので購入。放課後に高校生たちがおもちゃで遊ぶのはなんとなく微笑ましいというか、すごく素敵な光景だと思いました!面白かったです!
まずなんといっても作中に出てくる魅力的なおもちゃの数々!タコミントンは現役大学生にはわかりませんでしたが(^_^;)ホッピング、人生ゲーム、変身ベルト(これも僕は遊んだことなかったです)サッカーボード、ミニ四駆と小さい頃に遊んだおもちゃがたくさん出てきましたね!これらを見てるだけでも懐かしくていいんですけど、頭はいいくせにポンコツなかなめがプレイすることでその面白さが増しますね!あと巨乳美少女にホッピングは最高だと思います!どうしても上手く遊べないかなめになんだかんだで丁寧なアドバイスをする太陽もいい奴でしたし、オチを中心に不自然過ぎないラッキースケベがあるのもグッドでした!懐かしいおもちゃが出てくるだけではなく、そのおもちゃに思わず夢中になって熱くなるかなめたちの姿を楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
かなめは最高の女の子でしたね!勉強はできるけど、ポンコツでおもちゃちあまり詳しくない。そんな彼女が失敗しながら夢中でおもちゃを楽しむ姿は微笑ましくもあり、無垢で見ていて楽しかったです!太陽はそんなかなめに付き合ってあげるいい男の子でしたね…太陽の幼馴染のトミカも可愛かったです!

A
出てくるおもちゃがリアルに描写されていて見ているだけでワクワクしました!あと躍動感のある動きもグッドでした!

総合 A
懐かしいおもちゃに思わず夢中になる高校生たちを存分に楽しませていただきました!面白かったので2巻も楽しみにしています!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは伊達康さんの「友人キャラは大変ですか?5」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、このところ学校を休んでいる雪宮さん。今度は雪宮さん回かと息を巻く一郎だが、クラスに新たな転校生が!それも主人公オーラがハンパない天龍院阿義斗という名のイケメンだった⁉︎友人キャラとしての血が騒いだ一郎はなんとか阿義斗に近づこうとするが…そして雪宮さんの異変の正体が明らかになり…とこんな感じです!
シリーズ第5弾!累計15万部突破とスマッシュヒットを記録していますね!今回も面白かったです!
雪宮さんが学校を休んでいると聞きついに雪宮さんのターンかと息をまく一郎。しかし、クラスにはTHE主人公な阿義斗くんが転校してきます!この阿義斗くんを主人公とした物語を見いだした一郎はなんとか彼に近づこうとします。しかし、龍牙に嫉妬されるわでなかなかうまくいかず…それどころか龍牙を女だと見抜き(?)デートに誘ってきます。阿義斗くんぱないっす…そして始まる雪宮さん回!まあなんとなく察しがついていた方向に行くのかと思いきや、まさか雪宮さんの体調不良の原因があいつではないとは…そして事態はややこしくなり三つ巴?な展開へ。ネタバレになるので多くは語れませんが、それぞれの思惑が絡みあい舞台が準備される感じがすごく良かったです!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
阿義斗くんがなかなか強烈でしたねw 最初はV系ロックバンドのクール系な感じでしたけど、龍牙を女だと見抜き(?)デートに誘ったり、真面目な顔で「付き合いたい」とか言い出すのはギャップがあってよかったです!龍牙たんも相変わらずかわいいですね…今回の嫉妬ムーブや、阿義斗に言い寄られてちょっと心臓がドキドキしちゃうのも良かったです!個人的にはセバスチャンがMVPでした!

今後の期待度 A
6巻は11月に出るようなので楽しみですね!この巻の仕上げというか決着になると思うので続刊を待ちたいです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にお使いください
IMG_2740

ISBN 978-4-09-451740-8

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは川岸殴魚さんの「編集長殺し3」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、新入りの小山内さんは問題だらけ?なぜか偉そうな態度にメモを取らない元気っ娘の。そんな彼女に手を焼く編集部の面々。しか小山内さんの暴走は止まらずについに編集長に直談判⁉︎さらに会社の重役さんから厳重注意が⁉︎…とこんな感じです!
シリーズ第3弾!今回もギギギ文庫を舞台にした軽快なコメディを楽しませてもらいました!面白かったです!
今回もいくつかのお話で構成される連作短編集スタイルでお話が進んでいきますが、一つメインは小山内さん。こいつマジでヤバいです。バイトの後輩とかで絶対に来て欲しくないタイプです。メモを取らないやつとかマジで無理。閑話休題。さて、新入りの小山内さんですがとにかく暴れる暴れる。仕事は全然しない・できないくせにやたら偉そうで、しかも過去の発言が掘り起こされてTwitterで炎上…マジでヤバいですよこいつ…新入りが重役を交えて面談とか転々かなりブラックなコメディでしたね…個人的に面白かったのは5話のカレー対決と9話のなろう書籍化のお話。カレーのお話は過去にあったラーメンのお話的なノリで楽しかったですね!小山内さんの謎調理には笑いましたw なろう書籍化のお話は創作とはいえこういう感じで編集部側が書籍化の打診とかしているのかな?と考えたりすると面白いですよね!今回も最後まで楽しく読ませていただきました!

キャラ A
小山内さんマジぱねぇ。絶対先輩殺すマンな俺になってますよ…しかも昔から怒られまくりの人生とか…編集長は相変わらず幼女。ナイス幼女。川田は相変わらず一生懸命で可愛くて唯一の癒しでした。星井さんはカレーといいワインといいなんか所々でへんな強さを発揮していて面白かったですw

今後の期待度 A
今回も面白かったので4巻も楽しみです!原西さんの件も気になりますし、トラブルメーカーというかトラブルそのものな小山内さんがこれからどんな暴れ方をするのか…続刊待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓保存して書店での予約や取り寄せ・検索で使ってください!
IMG_2505


ISBN 978-4-09-451750-7



↑このページのトップヘ